読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone 7の新色は「スペースブラック」になるかも iPhone 7の新色は「スペー

iPhone 7の新色は「スペースブラック」になるかも iPhone 7の新色は「スペースブラック」になるかも うーん、一体どんな色になるんだろう…。 新色の登場が噂されている次期iPhone(通称:iPhone 7)。 iPhone6ケース シャネル風以前、その新色は「ディープブルー」になると言われていましたが、新たにMacお宝鑑定団Blog[羅針盤]は、その新色が「黒に近いフォーマルブラ例年通りなら、今年も発表されるであろう新型iPhone。米国で6月13日から開催されたWWDC 2016では、iOS 10やwatchOS 3を始めとするApple製品向けの新OSが「Fall」(秋)にリリースされることがすでに明言されています。 シャネルiphone7ケース新しいiPhoneが、それと時を同じくして登場するのはほぼ間違いないでしょう。時期は9月と考えるのが自然です。 超人気iphone7ケース 【NowhereElseに掲載された写真】  気が付けば6月もほぼ終わり。いつものように、9月の下旬くらいに発売されると考えると、実はもう次期iPhone発売までは3カ月を切っています。 iphone7ケースすでにさまざまなうわさがニュースサイトを駆け巡っていますが、それはAppleが次期iPhoneの生産を開始していて、中国の工場などから情報が漏れやすくなっているから。うわさの信頼度もかなり高くなってきていると考えられます。 超人気iphone7ケース ●The Wall Street Journalが大きな変化なし、と報道  6月21日には、米国の経済紙 The Wall Street Journal が、「iPhone 7の形状はiPhone 6やiPhone 6Sとほとんど変わらない」と報じ話題になりました。その記事によると、外観には「ほんの少しの変化(subtle change)」しかなく、4.7型と5.5型のディスプレイサイズは変わらないそうです。 超人気iphone7ケース特筆すべき変更点は、ヘッドフォンジャックがなくなることと、背面の上下を横切っていたアンテナ用の線がなくなることくらいといいます。  ちなみにヘッドフォン端子をなくすのは、本体をより薄くするためとする説がありますが、今のところ厚さは変わらないとされています。 iphone7ケース  この情報が掲載されたのが、テクノロジー系のブログメディアやうわさサイトではなく、The Wall Street Journalという時点で、適当なうわさまとめではなく、信頼できる情報を元にした記事だと考えられますが、それを裏付ける写真がすでにリークされています。 ●NowhereElseのリーク画像はたぶん本物  以前から、中国の工場などで入手したとみられるiPhoneのリーク情報を掲載しているフランスの「NowhereElse(NWE)」には、iPhone 7のものとされるリーク画像が何点も掲載されています。 iPhone6ケースグッチNowhereElseは、iPhone 6やiPhone 6sのケースデザインなども、いち早くリーク情報を掲載した実績があり、後で「やっぱりあれは本物だった」と確認された情報が非常に多いのが特徴です。このサイトの情報は信頼できると考えられ、恐らくiPhone 7とされるケースの写真も本物なのでしょう。 超人気iphone7ケース ●ケースメーカーがiPhone 6sのサイズをベースにケースを設計  前述のとおり、機能面で若干の変更はあるものの、外形寸法はほぼ現行のiPhone 6sと変わらないことから、すでにケースメーカーは9月の新型iPhoneの発売を見据えて、図面を完成させ、金型を起こしていると言います。発売日に店頭にケースを並べるためにはそろそろ生産を始めなくてはならないタイミングであり、リークされている情報の確度が高いと判断しているのでしょう。 超人気iphone7ケース  多くのケースメーカーは、製品が発表されてから対応ケースを作り始めたのでは、“売り時”である発売日に間に合わせることができないため、ある程度見切り発車で生産に入ります。読みを外す(形状が違っている)と作っても販売できなくなってしまうので、リスクもありますが、情報の信頼性を判断し、あるいは独自のルートで手に入れた図面などを元にして、ケースのデザインを完成させます。 シリコンiPhone7ケース実際に生産を始めるケースメーカーが、新型iPhoneのサイズや形状がほとんど変わらないと判断していることは、新型iPhoneのデザインが変わらないことの裏付けと言えなくもありません。 ●デザイン以外で変わりそうなところは案外たくさん  Appleは、iPhone 3G以降、2年ごとにiPhoneのデザインを全面的に刷新してきました。 iphone6ケースそういう意味では、2016年秋に発売されるiPhoneは、全面刷新のタイミングですが、今回はどうやら同じデザインが3年目まで引き継がれるようです。この点については、2017年がiPhone登場から丸10年になることから、2017年に10周年モデルとしての全面刷新が行われるのではないか、という指摘があります。 シャネルiphone6 ケース技術的なハードルがあって、今回はこれがクリアできなかったので延期になったのだ、といううわさもあります。  ただ、デザイン以外の要素は、今回も大きく変わることになりそうです。 iphone7ケース例えば前出のNowhereElseに掲載されているiPhone 7とされる写真を見ると、iSightカメラ(メインカメラ)の出っぱりが大きくなっていること、ヘッドフォン端子がなくなっていることなどが分かります。なくなったヘッドフォン端子の部分は、iPhone 6sのスピーカー部分と同じようなデザインになっており、ステレオスピーカーが搭載される可能性も考えられます。 シャネルiphone7ケースiPhone 7 Plusのものとされる写真では、カメラがデュアルレンズ仕様になっている様子もうかがえます。  また今回は、iPhone 7 Proという製品の存在もささやかれています。 シリコンiPhone7ケースiPad Proのように、スピーカーを4つ搭載したり、キーボードなどの周辺機器がつなげられるSmart Connectorを備える上位モデルが登場する可能性があるといいます。  かつてiPhone 4がバーで紛失の末、GIZMODOに渡って、発表前に“全貌”が明らかにされた時のように、形状が分かってしまうといまひとつ盛り上がりに欠ける感はありますが、iPhone 6sが発表された時のように、きっといろいろと驚くべき新機能が用意されていると信じて、9月の発表を待ちたいものです。 シリコンiPhone7ケースック」になると伝えています。 iPhone 7の新色は「スペースブラック」になるかも Apple Watch スペースブラック また、9To5Macは、iPhone 7の新色は「Apple Watchのようなスペースブラック」になるだろうと言っています。 iphone7ケース

【スマホ会議】『Galaxy S7 edge』が売れている理由 今回は夏モデ

【スマホ会議】『Galaxy S7 edge』が売れている理由 今回は夏モデルで大人気となった『Galaxy S7 edge』をテーマに話し合います。 法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議  スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。 iPhone6sケース今回は夏モデルで大人気となった『Galaxy S7 edge』をテーマに話し合います。 ■「Galaxy S7 edge」人気の秘密 石川氏:みなさんにお聞きしたいんですけど、『Galaxy S7 edge』はなぜこんなに売れているのかな。 iPhone6ケース夏商戦、一人勝ちという気がするんですよ。 石野氏:他がまだ出てなかったこともありますが、現状では一人勝ちですね。 グッチiPhone 6sケース 石川氏:ユーザーが選んでいるし、周りのライター陣も買っている人が多いじゃないですか。みんな『Gear VR』が欲しいの? 法林氏:僕は海外出張用にグローバル版を先に買って、今回、ドコモとau版を買ったけど、最初に見た時に完成度が高いと思った。 iphone7ケース最後の決め手は防水防塵対応が個人的には大きかったかな。ちなみにauのメイン回線をコレにしました。 シリコンiPhone7ケース 石野氏:僕は元々、『Galaxy S6 edge』を見送った理由になっていた、microSD対応が大きいかな。 法林氏:それもあるかな。 iPhone6ケース シャネル風防水防塵、microSD、あと期待しているのはカメラかな。 房野氏:価格はどう思いますか。 シリコンiPhone7ケース 法林氏:高いですよ。 石野氏:高いのに売れているんですよ。 iPhone6ケース シャネル風 房野氏:「Xperia」と比べてだいぶ差があるようですが。 法林氏:いや、そんなことないですよ。 超人気iphone7ケース10万円以上するものに比べればお安いですよ。しかもdポイントで5000円、予約した人には7000円か『Gear VR』が返ってきますから。 iphone7ケース 石野氏:『Gear VR』が効いてないことはないと思っています。サムスンがこの1年、苦渋を舐めつつがんばったところがある。 超人気iphoneケース『Gear VR』関連の発表会をちょいちょい仕込んできたじゃないですか。あれはテレビの食いつきがよくて、朝の情報番組を見ていると、VR特集が結構長尺でやっているんですよ。 超人気iphone7ケース 法林氏:VRを知らない、今までスマートフォンに興味を持っていないような人でも、「VRをテレビで見た」という意見は結構聞きます。 石野氏:「VR、スゴそう」と興味を持っている人が、『Galaxy S7 edge』を買えばタダでアレをもらえるんだとなったら買いますよね。 超人気iphoneケース 法林氏:ダンボールでも作れるけどね。 石野氏:丸の内のKITTEで6月8日までやっていた「Galaxy Studio」では、Gear VRの体験に行列ができていたんです。 超人気iphone7ケースやっぱりVRがテレビで注目されつつあって、スマホで試してみたいという下地が、僕らが思っていた以上にできていたのかもしれない。そこに『Gear VR』がもらえる予約いこと、お疲れ様でした。 超人気iphone7ケース iPhoneの最小容量16GBモデルはiPhone 5と共に登場しましたが、ようやく今年からは最小容量が引き上げられそうです。The Wall Street Journalは5日、次期iPhone(通称:iPhone 7)の最小容量は32GBになると報じています。 超人気iphone7ケース 実は以前から、iPhone 7が最小容量32GBのモデルからラインナップされることは各方面で報じられていました。最近は画像や音楽ファイル、アプリのサイズが大きくなっていることから、「16GBモデルは買ってはいけない!」とまで言われる始末ですからね。 iphone6ケース 今回のiPhone 7での16GBモデルの廃止は多くの人から望まれた、ある意味予定調和のような報道です。 また、9To5Macからも新たな部品の流出が報じられています。 シリコンiPhone7ケース iPhone 7ではついに16GBモデルが廃止? 新たな背面パーツとされる部品も流出 新たに流出したiPhone 7の背面パーツとされる部品 この画像は、新たに流出したiPhone 7の背面パーツとされる部品です。これまでの流出部品とは違いカメラ部分にレンズが嵌めこまれているようにも見え、実際の製品が想像しやすくなっています。 iPhone6ケース シャネル風 こうして見るとアンテナ線が隅に移動し、カメラも大型化してちょっと高級感が増したような印象を受けますね。